シェア

飲み会や宴会で使える一本締めの挨拶のやり方

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
飲み会や宴会で使える一本締めの挨拶のやり方

大人になると、飲み会、宴会に参加する機会が増えますよね。特に12月は忘年会が色々な所で開催されるし、また1月になれば新年会もあります。他の月は、友達の結婚式のお祝い、誕生日会、同窓会、同期会などなど、飲み会の回数は、上げればきりがないほどです。ところで、その宴会や飲み会で「一本締めの挨拶」なんかをお願いされてしまったら、どうしましょう。この一本締めの挨拶は、本当に大切です。こちらの記事で、上手な一本締めの挨拶の仕方を学んで、よく練習、準備してから、当日に望んでください。これから、宴会、飲み会などで挨拶する機会が待っている人、ぜひこの記事を読み進めてみてください。

画像:http://r.gnavi.co.jp/sp/kanji/article/001212/

従う手順:
1

まず、一本締めとは、いつする挨拶でしょうか。それは宴会の終わりにする挨拶です。通常は、司会や幹事から、指名を受け、「一言、締めの挨拶お願いします。」となるわけです。その飲み会、宴会の種類にもよって、多少挨拶の仕方、言葉使いは変わってきますので、参考までにこの例を読んでみてください。例えば、このように言ったらいいでしょう。

「ただいま、ご指名に預かりましたセールス部の山田太郎と申します。宜しくお願い致します。では、皆様の益々のご発展と、ご健康を祈念いたしまして、一本締めを行います。どうぞ、ご一緒に、ご唱和ください。」

これは、お分かりの通り、仕事の飲み会、宴会などで使うフォーマルなバージョンです。気の知れた友達同士でこの言葉使いを言ってしまったら、逆に堅苦しく感じ、相手との距離を感じてしまうので、ふさわしくないでしょう。その場に、応じた敬語、言葉使いが日本の社会では大切だということ、社会人になれば、誰もが気づいていると思いますが、ここでは、もう一度それを頭に入れておきましょう。

2

では、さきほどの挨拶のあと、どのように進めていくか、ご説明しましょう。まず、一本締めとは、通常、忘年会や同窓会などの催事の際に行うのが一般的なものです。さきほどの短い挨拶のあと、「お手を拝借」と声をかけ、手を前方に開いて構えるようにします。皆さんに「お手を拝借」と言えば、分かる人は、すぐに手を前に出し、拍手できる体制に入るでしょう。この言葉の意味が分からない人、例えば外国人などがグループにいた場合も、簡単です。たいてい、皆、自分の周りを見て、手を前に出して、構えていたら、自分も同じような体制を取ります。ですから、「手を前に出して、拍手をする時のような姿勢をとってください」などと説明をする必要はございません。もちろんしてもいいですが、日本人なら「お手を拝借」と言えば、常識として分かるでしょう。その後、大きい声「よーお」と声を出します。この時、「大きい声で」というのが、ポイントです。この締めの挨拶で、挨拶する人が小さい声だとがっかりです。宴会の最後という場面ですから、多少酔っ払っている人もいるでしょう。その人は、ちょっとボーっとしていて、耳が遠いかもしれません。また話が盛り上がって、まだまだ話している人もいるでしょう。その人たちにも聞こえる大きな声で言わないといけません。それにもう1つ大きな声で言わないといけない、大切な理由があるんです。さて、それは何でしょう。考えてみてください。これは、締めの挨拶です。つまり、終わりの挨拶です。これで、終わりなんです。つまり、終わり、最後という大切なモーメントなんです。その「よーお」を大きい声で言わないと、次に行う拍手が全員そろわなくて、かっこ悪いんです。それがそろうと、「まとまって終わった」という印象を与えることができますが、それがそろわないと「あれれ」とうまく終わった気がしないで、気持ち悪さが残るのです。その気持ち悪さが、自分だけのものならいいのですが、その飲み会の会場にいる人、皆さんがそう感じてしまうんですから、そろわなかったら、最悪です。じゃ、そろわなかったら、もう一度やればいいではないか、とお考えですか。それは、できませんし、ありえません。最後の一本締めをやり直すなんて、聞いたことがありますか。私はありません。これは一度だけのチャンスなんです。だから「よーお」とできる限りの大きな声で言い、皆の注目をこちらに集めてから、「パンパンパン パンパンパン パンパンパン パン」と叩いて終わりにします。手締めが終わったら、「ありがとうございました」と唱和していただいたお礼を言い、最後に拍手して、これで終了です。このように、うまく締めてみてください。家で練習してからいくといいでしょう。

 

3

これで、一本締めのやり方がわかったことと思います。忘年会、新年会では、特にこれが使えると思います。また他にも私たちはたくさんの飲み会、宴会、パーティーがありますね。例えば、友達の結婚式のお祝い、誕生日会、同窓会、同期会などなど、飲み会の回数は、上げればきりがないほどです。その飲み会や宴会が嫌いでも、毎回は断れないものです。人間関係、友達関係、家族関係をスムーズに行うためにも、宴会への参加は大切です。いいえ、この日本社会なら、その宴会や飲み会への参加は、むしろ義務と言った方がいいくらいかもしれませんね。あまりにも欠席していたり、避けていたりすると、周りの人からの目が怖くなってきます。ですから、なるべく参加しましょう。さて、そこで問題になってくることが1つあります。その宴会や飲み会で「一本締めの挨拶」なんかをお願いされてしまったら、どうしましょう。もちろん、いやで断れる時は、断ってもいいと思いますが、どうしても断れない状況というのも、あるものですね。特に、自分の上司にお願いされてしまったとか、自分の義理の両親にお願いされてしまったなど、万が一、断ったら、その後の仕事、家族関係がギシギシしてしまうことも、十分考えられます。その場合、断らず、勇気をもって引き受けましょう。しかし、引き受けたはいいけど、どうやって上手に挨拶したらいいのでしょう。この一本締めの挨拶は、本当に大切です。それがうまくいけば、その場が盛り上がり、「あの人は挨拶がうまいね。やっぱり仕事もできるし、かっこいい。」などと、あなたの株が上がること、間違いないでしょう。しかし、逆に失敗してしまったら、反対に株は落ちます。皆も、あなたに挨拶を任せたことをがっかりするでしょう。「あの人じゃない人がやればよかったね。あの人に頼んだの誰?」となってしまいます。そうならないように、こちらの記事で、上手な一本締めの挨拶の仕方を学んで、よく練習、準備してから、当日に望んでください。

飲み会や宴会で使える一本締めの挨拶のやり方と関連した記事をチェックしたい場合は、パーティー・結婚のジャンルから探すことができます。

飲み会や宴会で使える一本締めの挨拶のやり方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?
飲み会や宴会で使える一本締めの挨拶のやり方
飲み会や宴会で使える一本締めの挨拶のやり方

トップに戻る